笑う犬さんから供花

我が家の愛犬「くうちゃん」が2020年4月21日に亡くなりました
くうちゃんは、2010年4月1日生まれ
10歳の誕生日を過ぎての急逝でした
西彼中央ペット霊園で火葬しました
いつもお世話になっていた美容室の「笑う犬」さんから供花をいただきました
10年間もお世話になった美容室でとても良くしていただきました
ありがとうございます
ペットルーム笑う犬(佐世保市松川町2-9)

笑う犬

佐世保港開港130年記念ラベル

佐世保港開港130年を記念し、アサヒビールスーパードライ「佐世保港開港130年記念ラベル」が発売されます

期間限定の記念ラベル瓶、佐世保市を中心とした飲食店でお楽しみいただけます

【商品名】 
アサヒスーパードライ「佐世保港開港130年記念ラベル」
容器・容量 中瓶 500ml
販売目標  40,000本
製造工場  博多工場
発売期間  10月8日(火)~10月末までの予定
発売地域  佐世保を中心とするエリア

佐世保鎮守府開庁130周年

今年、佐世保鎮守府が開庁して130周年になります。
佐世保鎮守府(させぼちんじゅふ)は、長崎県佐世保市にあった日本海軍の鎮守府である。通称は佐鎮(さちん)。
九州を始めとする西日本地域一帯の防衛と朝鮮・中国等東アジアへの進出の根拠地として九州の西岸に海軍の軍港を置くことになった。本命は長崎だったが、市民から商港機能を阻害されると猛反対され、土地買収費用の問題もあり断念。西松浦郡伊万里[1]、北松浦郡平戸の江袋湾、東彼杵郡佐世保村[2]が候補地に上げられた。海軍部内での検討の末、天然の良港であり、寒村ゆえ土地も安く手に入る佐世保村に軍港を開き鎮守府を置くことが決定し、1889年(明治22年)7月1日に正式に佐世保鎮守府が開庁した。初代鎮守府司令長官は赤松則良海軍中将である。

佐世保鎮守府開庁130周年記念とジョイントした「艦隊コレクション」の催事もあり佐世保は大賑わいでした。

http://kancolle-sasebo.jp/

クリノミ夏

クリノミ
クリエイターの呑み会の略です
今回は多く集まって35人
2019年8月9日金曜日
一次会は、万津6区の象徴的なスポットである「BRICK MALL SASEBO(ブリックモールさせぼ)で開催しました
二次会、三次会、四次会と続きました。

チーズケーキのレシピ

備忘録です
たまに作るのですが、レシピのメモをいつも探すので、ブログに投稿しておきます
検索ですぐに見つかります。

材料
クリームチーズ 200g
生クリーム 200cc
たまご 2個
薄力粉 大さじ3
グラニュー糖(砂糖) 65g
以上

週刊女性に松尾晴美掲載

警察犬訓練士 松尾晴美さん(長崎県佐世保市出身)が、今発売中の週刊女性で紹介されました。
松尾晴美さんの幼少時代から現在にいたる半生が詳しく掲載されています。
家庭犬のしつけ教室でおなじみですね
是非、週刊女性をお読みください。
詳しくは下記をクリックお願いします。

週刊女性(主婦と生活社発行)2019年6月25日号(6月11日発行)通巻第3035号、56ページ〜61ページに掲載。

http://www.policedog.jp/dog/?p=1298