地上110階の記憶

大掃除というほどではありませんがしていると、古いパスポートと数枚の写真がでてきました。1989年8月にニューヨークに行っていました。約20年前のことなんですね。ニューヨークの広告代理店やPR会社、デザイン事務所、クリオ事務局など毎朝早くから訪問していました。(ブレックファーストミーティングというもので焼きたてのパンとコーヒーをご馳走になりました)ロックフェラーセンターのヒルトンに宿泊していたと思います。スーツ姿で5番街を抜けて地下鉄より歩いた方が早いということで10ブロックくらい毎日歩いていたと思います。
夜は、オペラ座の怪人を見たような、、、英語が分からず、旅の疲れもあってか大部分を寝ていたような気がします。スイートベジル?というところでステーキとハウスワインをがぶ飲みしながらジャズを楽しみもしました。その頃日本で流行っていたブルーノートも近所にありましたが、あえて行きませんでした。
この写真が世界貿易センタービルなんですが、観光で最上階の展望台(まったくの外)に行って写真も撮影しました。めちゃ高くて110階のわりにはその日はお天気で風もあまり無かった記憶があります。だから、その9.11の日は仕事もせずにずっとニュースを観ていました。CNNニュースのサイトもずっと見ていました、、、事故かと思えば、もう一機も突っ込んで、その後数時間でふたつのビルが崩壊しました。このことを思い出してさっきいくつかYouTubeで動画も見ました。いろいろあったニューヨークです。PRのユニークな事例をたくさん勉強しましたので、いつか書きますね。

エッフェル塔の記憶

The Eiffel Tower and the river Seine, Paris, France

母とふたりで20年前にヨーロッパ旅行をしました。母はNTTに30年も勤続して私を育ててくれたのです、母が言い出したのか私が言い出したのか忘れましたがこの旅行は忘れられない思い出のひとつです。スイスにまず入り、ユングフラウに上り万年氷河をくぐり、イタリアへ、、、フィレンツェ、ベニス、ミラノ、そしてローマへ。木の文化の日本人には石の文化を見ること自体がカルチャーショックだったのですが、ローマでガイドから2000年前に既に上水道下水道が完成していて今でも使用していると説明を聞きました。
日本人は2000年前どうしていましたか?の質問に石器で鹿や猪を追っかけていましたと素直に言えませんでした。お恥ずかしい話なのですが、いたるところの建物にローマ字が書かれています、、、新しい建物なんだと思っていたら大間違いで2000年以上前の建物なんですよね。日本なら象形文字?の時代なんです。
本題のパリなのですが、疲れた母をホテルにおいて、ツアーメンバーの私と同年代の女性とエッフェル塔を見に行きました。冬で肌寒く、でもオレンジ色の照明に照らし出されたエッフェル塔は素敵でした。シャンゼリゼ通りを歩いてもテレビでながれているその音楽は聞こえません(笑)プランタンなどのデパートに行った記憶がありますが鮮明ではなくなったのが悲しい限りです。
帰国後、母がテレビ番組を見ながら、ここは行ったね、あそこは行かなかったね行ければ良かったね、、、と数年は言っていました。母が他界して8年。遠い昔のパリの思い出です。エッフェルに行ったときの彼女はどうしているのでしょうね。

社長ブログに挑戦?

弊社のサイトをCMSで運用してみようとリニューアル制作しまして、そうすると「社長ブログ」なるものも、コンテンツのひとつとして一度やってみようと考えました。(実は自分がしないとお客様にご提案できない、、、汗)
実は、mixiは約3年前からしていますが、おしゃべり相手が女性に偏ります。mixiとは異なりますので誰も反応してくれないかも知れませんが、プライベートページとして力を抜いて書いていこうと思います。
たぶん、娘の話が多くなるところですが、それはやめてインタネットの世界とウェブサイト制作を混ぜた感じのものになるのではと思います。

実は、東京の出版社に有名で、佐世保で有名でない私。

よくデザイン年鑑やウェブデザイン制作関連専門誌に私の作品が掲載されます。とても光栄なことなのですが、佐世保で営業ができてなくて無名なんです。広告代理店の業界に入るきっかけは、当時NBC長崎放送ラジオコマーシャルコンクールに応募したコマーシャル案が優秀賞をとりまして、話が大きくなって「宣伝会議」に私が掲載されました。宣伝会議のコピーライター養成通信講座をしていたというキッカケがあったためなのですが、、、。